違いは何?キャバクラとラウンジの基本知識

女性の画像

ナイトワークを始める場合、どのお仕事を選ぶかによってサービスの内容やシステムがそれぞれ異なります。
しかしキャバクラとラウンジは、どちらも男性の隣に座って接待をするという点で似ているので違いが分かりにくいのです。

それぞれの特徴を理解すれば、働くイメージがつきやすくなるはず。ここでは、キャバクラとラウンジの違いについて解説していきます。

ラウンジってどんなところ?
ラウンジとキャバクラの大きな違いは、ママの存在です。ラウンジではママがお店を取り仕切っているので、お店の雰囲気やルールはママ次第。接客スタイルもママの方針によって決まるので、ラウンジで働くなら応募する前にお店の様子をリサーチしておきましょう。

ラウンジは英語で、休憩室や待合室という意味があります。ボックス席やテーブル席など落ち着いた雰囲気の中で、男性の隣に座ってお酒を飲みながら会話をするのが特徴です。

またラウンジのキャストは、複数人のお客様と接するのが基本。マンツーマンの接待ではないので、大勢で盛り上がるのが好きな人に向いています。

キャバクラの特徴について
キャバ嬢は、ドレスに身を包み男性の隣に座って接します。キャバクラの特徴は、男性客と一緒にお店へ向かう同伴出勤や閉店後に男性と食事に出かけるアフターなど店外サービスを行う点です。

また1対1で男性と接するキャバクラには、指名制度があります。指名には、本指名と場内指名の2つがあるのでそれぞれ確認しておきましょう。
本指名:男性客にとってお目当てのキャストを指名すること
場内指名:指名なしで来店した男性が接客の途中で指名をする

指名の数が多くなればなるほど、お給料に歩合給が加算されます。キャバ嬢は、指名数を増やすためにもそれぞれが独自の接客スタイルを持って勝負しているのです。