女性版バーテンダー!ガールズバーのお仕事内容について

barの画像

ここ数年で、「ガールズバー」というお店の存在が認識されつつあります。

しかし、ガールズバーというお店があるのは知っているけど仕事内容までは理解していない人が多いのではないでしょうか。

ガールズバーは、女性版のバーテンダーを売りにしている飲食店です。ここでは、ガールズバーの業務内容や営業時間、報酬の仕組みについて紹介していきます。

女バーテンダーの業務内容とは
ガールズバーの仕事は、基本的なバーとほとんど同じです。バーカウンター内でカクテルを作り、お客様に提供します。

以下、具体的なお仕事内容をまとめました。
・オーダーを受ける
・カクテル作りと提供
・軽食やおつまみを調理
・会計
・お店の清掃
・空いたグラスや灰皿の回収
・お客様との会話やコミュニケーション

ガールズバーの店員は、男性の隣には座りません。バーカウンター越しでやり取りをするのが特徴で、バーの店員とお客様という関係です。

ガールズバーは風俗店?営業時間について
ガールズバーというワードから、風俗店をイメージする人がいるかもしれません。しかし、ガールズバーは飲食店に分類されるので風俗店と営業時間が異なります。

風営法に基づくキャバクラやラウンジの場合、営業時間には決まりがあり深夜0時までしかお店を開けられません。ガールズバーは、風営法の規制を受けないので朝の5時や6時まで営業できるのです。

風営法とは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律のこと。ガールズバーは、お店をオープンしている時間が長いので長時間働いて稼ぎたい人にぴったりなんです。

お給料は時給性?歩合制?
ガールズバーのお給料は、時給+ドリンクバックで設定されています。

ドリンクバックとは、お客様がスタッフにドリンクを奢るとその一部がお給料に還元される仕組みです。通常ドリンク代の10%が支払われます。

(例)お客様が1,000円のカクテルを注文→100円が給与に加算される

頑張った分だけ収入が増えるので、モチベーションアップにも繋がります。