慣れるまで大変?ナイトワークの欠点とは

女性の画像

ナイトワークには、ドレスで着飾った女性や一夜にして高額な利益を生み出すお店など華やかな世界のイメージがありませんか。

たしかに高時給な求人も多いので稼ぎやすく、キレイな女性が多いので美意識が上がるというのは事実です。

しかし良い面にばかり目を向けていると、欠点があるのを見落としてしまうかもしれません。ここでは、ナイトワーク初心者に知ってほしいデメリットについて紹介します。

いい人ばかりじゃない?!悪質な客の存在
ナイトワークで働く女性は、日々男性とやり取りをするのがお仕事です。いつも楽しい会話で盛り上がればいいのですが、時には接客するのが難しいケースもあります。

来店する男性にはさまざまな人がおり、中にはマナーの悪い客がいるのです。女性側が強気に出られないのを分かっていながら説教を始める男性や、禁止されているにも関わらずお触りをしようとする人も…。

仕事とはいえ、態度の悪い男性とコミュニケーションを取らなければいけないのは精神的に疲れます。夜の世界でやっていくには、苦手な客に出会ってもその場をやり過ごす鋼のメンタルが必要なのです。

もし夜の世界を続けられれば、どんな人にでも対応できる力が備わっていくでしょう。

周りからの印象が悪い…夜のお仕事
ナイトワークは、男性相手に行う商売なので家族や彼氏からの印象が悪くなってしまいます。

夜のお仕事に対して偏見を持っている人は少なくないので、仕事について聞かれても堂々と言いにくいのが現状。キャバクラやラウンジなどで働いている女性の中には、家族や彼氏に隠して働いているケースも多いのです。

ただし責任とプライドを持って働いているのなら、周りの目を気にする必要はありません。誰に何を言われても、「私はこの仕事に誇りを持っている」という姿勢で取り組んでいくのが大切です。